1. HOME
  2. ブログ
  3. 出版物
  4. 紙書籍
  5. ポストコロナの健康経営

東峰書房

tohoshobo

紙書籍

ポストコロナの健康経営

書籍概要

著  者:西城由之
定  価:本体1,500円 +税
判型/仕様:46判並製
ページ数:186ページ
発  行:2020年10月28日
ISBN:978-4-88592-208-4 C0034

推薦の言葉

私たちは死ぬまで長生きできます。次の課題は、健康年齢を伸ばすこと!企業経営も従業員の健康が重要な課題です。そのためには、企業としての「かかりつけ医」が不可欠です。それを目指す、弊社のコーポレートドクター、渾身の一作がでました。健康のためなら死んでもいいと思っている経営者や従業員の方の必読書です。

辻・本郷 グループ 本郷 孔洋 様

内容紹介

近年、企業が従業員の健康管理を経営的な視点で実践し業績の向上へ結びつける「健康経営」という経営手法が注目されていますが、新型コロナウイルス感染症の流行は、個人の行
動様式や企業での働き方を変容させ、さらに「従業員の健康」と「企業の業績」の双方に直接影響を与えうることから、今後は健康経営の在り方も見直しを迫られると考えられます。(本書「はじめに」より)

「ポストコロナ」における社会の変化を踏まえた上で、改めて健康経営について、具体的な対策と考察を展開し、今後の求められる企業と医師の関係にも言及します。

目 次

・はじめに
第一章 健康経営とは
第二章 健康経営の具体的対策① 感染症
第三章 健康経営の具体的対策② 生活習慣病
第四章 健康経営の具体的対策③ メンタルヘルス
第五章 ポストコロナの企業─医師関係

 

関連記事