1. HOME
  2. ブログ
  3. 出版物
  4. 紙書籍
  5. 経営ノート
  6. 本郷孔洋の経営ノート2016 ~常識の真逆は、ブルーオーシャン~

東峰書房

tohoshobo

経営ノート

本郷孔洋の経営ノート2016 ~常識の真逆は、ブルーオーシャン~

書籍概要

著  者:本郷 孔洋
定  価:1540円(本体1400円+税率10%)
判  型:46判並製
ページ数:132ページ
発  行:2016年3月9日
ISBN:978-4-88592-176-6 C0034

内容紹介

世界情勢は混乱を極めています。IS(イスラム国)はもちろん、難民大移動、欧州の難民受け入れ、あるいは拒否。シリアをめぐった代理戦争、自爆テロ。中国経済の減速、あるいは石油の供給過多による価格下落、世界同時株安。
日本では、経済的な処方箋として日銀による「マイナス金利」が開始されました。
「今日の常識は明日の非常識」グローバル化、IT化により、企業環境が大きく変わりました。従来の方法通りでは上手くいかない、通用しないことが多々起きています。
本書では、顧問先10,000社、スタッフ総勢1,100人、国内最大規模の税理士法人の生みの親、会計・税務の視点と法人経営の視点を併せ持つ著者が、「常識の真逆」をメインテーマに考察し、現状の認識及び今現在、企業が成長のためにとるべき方針について検討しています。本作がシリーズ第6作となります。

目 次

・はじめに
第一章 成長しなければ死んだ方がまし!
 一. 売り上げが先、利益は後
 二. 人が先、売り上げは後
 三. GDPと人口
 四. 日本の成長はキューバ以下?
 五. 企業に置き換えてみると?
 六. ストックビジネスとフロービジネス
 七. 常識の真逆は、ブルーオーシャン
 八. 地方はダメだ
 九. 大成長時代のピンは、M&Aに尽きる!
第二章 常識の真逆を行けば、成長が待っている
 一. インフレの時代へ
 二. 超人手不足時代はイノベーションの始まり
 三. 貰う経済、贈与の経済が加速する年
 四. 都市化の加速
 五. 企業突然死の時代
 六. 自己防衛の時代
・あとがきに代えて

関連記事